【助成金名】
 
キャリアアップ助成金
 
【概要】
 
有期雇用労働者、短時間労働者、派遣労働者といった、非正規雇用労働者の企業内でのキャリアアップなどを促進するため、正社員化、処遇改善の取組みを実施した会社が利用できます。
 
【スケジュール】
 
・正社員化コース
①キャリアアップ計画の作成・提出。

②就業規則等の改定。

③就業規則等に基づく正社員へ転換。

④転換後6ヵ月の賃金の支払い。(3%以上の賃金増額)

⑤支給申請、支給審査、支給決定。

・その他のコース
①キャリアアップ計画の作成・提出。

②取組みの実施。(就業規則等の改定等)

③取組み後6ヵ月の賃金の支払い。

④支給申請、支給審査、支給決定。

【正社員化コース】
 
雇用されていた期間が通算して6ヵ月以上の有期雇用労働者等、又は有期実習型訓練を受講し修了した有期雇用労働者等を正規雇用労働者に転換又は直接雇用し、転換後6ヵ月以上継続雇用した場合に支給されます。
□助成額(1人当たり)□ < >内は生産性要件を満たした場合の額

【障がい者正社員化コース】
 
障がい者の雇用促進と職場定着を図るために、雇用されていた期間が通算して6ヵ月以上の有期雇用労働者を正規雇用労働者(多様な正社員を含みます)もしくは無期雇用労働者に転換、又は無期雇用労働者を正規雇用労働者に転換し、6ヵ月以上継続雇用した場合に支給されます。
□助成額(1人当たり)□ ( )内は大企業の額

【賃金規定等改定コース】

全て又は一部の有期雇用労働者等の基本給の賃金規定等を2%以上増額改定し、昇給した場合に支給されます。対象労働者に適用される賃金に関する規定又は賃金テーブルを増額改定した日の前日から起算して3か月以上前の日から増額改定後6ヵ月以上の期間継続して雇用されている有期雇用労働者等が対象となります。
□助成額(1人当たり)□ < >内は生産性要件を満たした場合の額

【賃金規定等共通化コース】
 
有期雇用労働者等に関して正規雇用労働者と共通の職務等に応じた賃金規定等を新たに作成し、適用すると支給されます。賃金に関する規定又は賃金テーブル等を適用した日の前日から起算して3か月以上前の日から適用後6ヵ月以上の期間継続して雇用されている有期雇用労働者等で、正規雇用労働者と同一の区分に格付けされている者が対象となります。
□助成額(1人当たり)□ < >内は生産性要件を満たした場合の額

【賞与・退職金制度導入コース】
 
有期雇用労働者等に関して、賞与もしくは退職金制度を新たに設け、支給又は積立てを実施した場合に支給されます。賞与もしくは退職金制度を新たに設けた日(以下「新設日」という)の前日から起算して3か月以上前の日から、新設日以降6ヵ月以上の期間(新設日以降について勤務をした日数が11日未満の月は除く)継続して雇用されている有期雇用労働者等が対象となります。
□助成額(1人当たり)□ < >内は生産性要件を満たした場合の額

【短時間労働者労働時間延長コース】
 
有期雇用労働者等の週所定労働時間を3時間以上延長、又は1時間以上3時間未満延長するとともに処遇の改善を図り、新たに社会保険の被保険者とした場合に助成されます。
□助成額(1人当たり)□
①短時間労働者の週所定労働時間を3時間以上に延長し新たに社会保険に適用した場合
②短時間労働者の手取り収入が減少しないように週所定労働時間を延長するとともに基本給を昇給し、新たに社会保険に適用させた場合
< >内は生産性要件を満たした場合の額