【助成金名】
 
65歳超雇用推進助成金

【どんな会社が利用できるの?】
 
65歳以上への定年引上げ、高年齢者の雇用管理制度の整備等、又は高年齢の有期契約労働者の無期雇用への転換を行う会社が利用できます。

【どんな内容の助成金?】

1.65歳超継続雇用促進コース
■主な要件
令和4年4月1日以降に、労働協約又は就業規則により、①65歳以上への定年引上げ、②定年の定めの廃止、③希望者全員を66歳以上の年齢まで雇用する継続雇用制度の導入、④他社による継続雇用制度の導入、いずれかに該当する制度を実施した場合に支給されます。
※支給申請日の前日において、1年以上継続して雇用されている60歳以上の雇用保険被保険者が1人以上いること等、他にも要件があります。詳細は各取扱期間にお問い合わせください。
■助成額
①65歳以上への定年引上げ、又は②定年の定めの廃止  
③希望者全員を66歳以上の年齢まで雇用する継続雇用制度の導入
 
※④他社による継続雇用制度の導入にも、一定の助成額が支給されます。

2.高年齢者評価制度等雇用管理改善コース
■主な要件
55歳以上の高年齢者のための雇用管理制度(賃金・人事処遇制度、労働時間、健康管理制度等)を導入し、実施した場合に支給されます。
■助成額
支給対象経費の額に下表の助成率を乗じた額が支給されます。
 
※支給対象となる経費は初回に限り50万円とみなします。2回目以降は上限50万円です。

.高年齢者評価制度等雇用管理改善コース
■主な要件
50歳以上かつ定年年齢未満の有期契約労働者を無期雇用に転換させた会社に対し支給されます。
■助成額
 
※無期雇用転換日において64歳以上の者はこの助成金の対象労働者になりません。
※支給申請年度1適用事業所当たり10人まで